人気ブログランキング |

平賀源内の教え


駿河湾の桜エビ漁がピンチらしい。
記録的な不漁に加えて,新型コロナ禍に絡む労使問題の勃発。
問題の根は果てしなく深そうだ。

さんまの流し網も解禁されたものの,なかなか水揚げがなく取引価格が漁高騰して店頭小売価格は一尾 5,980円になったんだとか。
将来的にはサンマも我々庶民が口にする魚ではなくなってしまうのかな。

昔はそれほど気負うことなく口にしていたものの,最近はとんとご無沙汰という魚の代表格はやっぱりうなぎということになるのだろうか。


平賀源内の教え_d0389370_00481963.jpg


平賀源内の教え_d0389370_00482599.jpg


平賀源内の教え_d0389370_00482910.jpg


静岡にあるうなぎの名店。


平賀源内の教え_d0389370_00483214.jpg


ゆがき(肝の塩ゆで)。
これがまたうまい。


平賀源内の教え_d0389370_00483529.jpg


この店にきて「何になさいますか」とオーダーを訊かれることはない。


平賀源内の教え_d0389370_00493549.jpg


ただ「何人様ですか」と質されるのみである。


平賀源内の教え_d0389370_00494013.jpg


ここのメニューは「うなぎの一本焼き」しかないのである(メンパに入ったごはんや肝吸いは一本焼きに付いてくる)。

薄給のサラリーマンでは,そうそうこういったお店に通うことは出来ない。


平賀源内の教え_d0389370_01004483.jpg


近所のスーパーで,外国産のうなぎを賞味期限が迫ってから(あるいは過ぎてから)調達するのが常套である。
今回,このゴムのようなうなぎをお茶で炊いて美味しくいただくことにする。


平賀源内の教え_d0389370_01005249.jpg


平賀源内の教え_d0389370_01042444.jpg


ゴム製のうなぎを水洗いし,


平賀源内の教え_d0389370_01051349.jpg


平賀源内の教え_d0389370_01055694.jpg


フライパンに並べてお茶を投入する。


平賀源内の教え_d0389370_01065078.jpg


中火で汁気がなくなるまで8分ほど煮込む。
おぉ,あんなに硬かったゴムの身が箸では持ち上がらないほどに柔らかくなったよ!
なんでも,お茶に含まれるタンニンがうなぎの硬くなったコラーゲンを柔らかく溶かしてくれるんだと。


平賀源内の教え_d0389370_01140699.jpg


平賀源内の教え_d0389370_01140854.jpg


意外や意外,外国産のうなぎでもお茶を使って充分に美味しくいただくことが出来た
というハナシ。




by noritoyuka | 2020-07-23 10:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

はたらくおじさん


今の学習指導要領からはオミットされてしまったが,昔の小学校のカリキュラムには社会科に関する授業が組み込まれていた。

先生が教室の上座に鎮座するデッキに重々しくVHSのカセットを装填し,逸る気持ちを抑えられない児童に向けてNHKの『はたらくおじさん』を放映する。

画面にはタンちゃんとペロくんを乗せた気球が現れ,いろいろな業種に従事する人達の奮闘ぶりをリポートする。

児童は目を輝かせてそれらの放送を拝聴し,放送が終わった途端に誰からともなく今みた番組に関する篤い議論を展開し始める。
昔から我々はグループワークやアクティブラーニングを実践しているのだ。

今の自分はあのころに夢見た立派な「はたらくおじさん」になっているのだろうか。
オジサンになったのは間違いないところなのだけれど…。

いい歳をしたオジサンが本気で臨むオートバイ遊び,それが『チャレンジ 1,000』。
60年前につくられたOHVのカブで,1,000kmを 24時間で奔りきる。
良識的な大人からしたらなんとも無謀なチャレンジである。
そうなのだ,だれでも出来るようなことに漢(おじさん)は逸らないのだ。

チャレンジでは,途中で雨に降られても雨具に着替える時間はない(タイムロスが惜しい)。
なので,同ツーリングではそもそもレインスーツに頼らない装備を検討する。


はたらくおじさん_d0389370_22474730.jpg


足下は信頼のガエルネのFUGA。
1日くらいの雨であれば,これでなんとか浸水は免れることができるだろう。
ただ,もう少し丈の長い方が安心か。


はたらくおじさん_d0389370_22480058.jpg


トップスはモンベルのハイデュラジャケット。
これも1日くらいの雨であれば身体を濡らすことはない。

問題はボトムス。
どこかでツーリングに適したパンツを購入しなければ…。

そこで思いついたのが「はたらくおじさんの店」。
最近は質のよい商品がいろいろとナインナップされていると聞くからね。


はたらくおじさん_d0389370_22480325.jpg


さっそく同店でパンツを購入。


はたらくおじさん_d0389370_22480884.jpg


CORDURAナイロン製で,ひざには薄いニーパッドも装備している。
なにより安い。


はたらくおじさん_d0389370_22481173.jpg


安さにまかせてキャンプ用のクライミングパンツも買ってしまった。

いい歳をした清く正しいはたらくおじさんですもん,たまには大人買いをしてもいいよね
というハナシ。



by noritoyuka | 2020-07-22 10:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)

アンガーマネジメント


「過ぎ去ったことを振り返って感情的にならないで」
「自分のほうから変わるんだ」
と,ノエル・ギャラガーは唄う。

怒りの感情(ピーク)は6秒くらいしか持続しないと言われているらしいが,職場に苛政を敷く輩に(意味のない作業に時間を割かれていることに)どうにもイライラが治まらない(一週間以上ムカムカしている)。

いかんいかん。
冷静にならなければ。

「怒りっぽい人はカルシウムが足りてない」とはよく聞くけれど,医学的にはあまり根拠がない見解らしいね。
むしろ鉄分を補給した方がイライラ解消にはいいんだと。


アンガーマネジメント_d0389370_03482632.jpg


「スーパーで鮪の血合いが半額だったから今日からマグロ三昧だ!」
YUKA氏がマグロの血合いを醤油漬けにしてくれた。


アンガーマネジメント_d0389370_03483014.jpg


血合いステーキ。
そのむかし,たかぴぃさんに連れられて三崎の有名店へツーリングに行ったことを懐かしく思い出す。


アンガーマネジメント_d0389370_03483488.jpg


アンガーマネジメント_d0389370_03492997.jpg


たっぷりプラスアイアン。
鉄分を補給することによって,なんとか気を鎮めることができた
というハナシ。







by noritoyuka | 2020-07-21 03:55 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)



すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_23563146.jpg


「オグシの寂しさ」の進行と共に「ヘルメット装着時の頭痛」が増してきた。
毛量と痛覚の間にはリニアな因果関係があるのだ。

脳天大神にお詣りはしたものの,蔵王権現様はそう簡単にお願いを聞き入れてはくれないらしい。
この状態では,チャレンジ 1,000kmの走行にも大きな影響を及ぼしてしまう。
どうにかしなければ。

バ○ァ○ンを服用するといった対症療法では根本的な解決になっていない。
ましてや 24時間以上の運転を強いられるチャレンジでは眠気を誘発する鎮痛剤の使用は御法度だ。

いろいろとネットを検索していたら「タオルをテンプル(ヘルメット内側)に敷き詰めるといいらしい」というありがたい情報に触れることができた。
孫悟空の頭にある金冠はテンプルを締めつけて苦痛を与える道具ではなかったかな(こめかみを圧迫したら頭痛緩和に逆行するんじゃないのかな?)といった疑問が頭によぎりつつも,さっそく材料を調達しにホームセンターへ走った。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_23560590.jpg


調達した緩衝材一式。
「消臭効果を併せ持つ備長炭入り」という名コピーにつられて当初は予定していなかった低反発ウレタンフォームまで買ってしまった。
頭の臭いも気になるような年頃になってきたんだよ。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00035051.jpg


既存スポンジのキンク部分。
地味にこういった部分が頭皮の血流を阻害すると踏んだ。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00055133.jpg


テンプル部分(キンク部分)に巻くすき間テープ。
98円なり。
おぉ,薄給サラリーマンの財布にやさしい価格設定だ。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00080581.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00081648.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00082331.jpg


すき間テープをぐるりと巻き,頂部にウレタンフォームをセットしてスポンジで仕上げる。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00113602.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00113900.jpg


ビフォア/アフター。
さっそくこれを被ってテストライドにでる。

目指すは鳥羽のかりんとー屋さん。



すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00133361.jpg


サイクルコンピューターが示す速度も,車体のそれとほぼピッタリ。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00165745.jpg


バイパスを順調に飛ばすと遠くにデコラティブなお城が見えてきた。
テレビのCMで見たことのあるテーマパーク(いわゆるパラダイス)かな。

順調に奔っていると,突然「ガキッ」という音と共に後輪がロックした!
キョ・キョ・キョ・キョ・キョー!
甲高い音と共にゴム(タイヤ)の焼ける臭いが鼻につく。

なんとか転倒せずに車両を路の脇によけることができた。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00250586.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00253858.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00253273.jpg


トンネルのなかでロック(転倒)しなくてよかった~。
ガクガクぶるぶる。

ひととおり車両を点検したところ,なにも異常な点は認められなかった(エンジンもキック一発で始動したしチェーンもストレスなく回った)。

なんだったんだろう?
気を取り直してとりあえず先を急ぐことにする。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00324670.jpg


目的の店舗は閉まっていた。
がっかり。

すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00342868.jpg


駅の物産コーナーで土産(かりんとー)を買い求め,自宅に向けてきびすを返す。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00364471.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00364742.jpg


帰りに我が社の姉妹店によって写真をパチリ。
距離を稼ぐために(ヘルメットのインプレをするために)もう少し遠回りして帰ることにする。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00392236.jpg


みそぎの町?
ちょっとよりみちを…。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00404130.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00404669.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00441928.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00462291.jpg


どことなく三保の松原に似た雰囲気だ。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00471844.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00472278.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00472826.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00473360.jpg


おぉ,ここが神話で有名な天の岩戸だったのか。
こういったところはYUKA氏の仮説つきで巡った方が面白そうだな。

帰りを急ぐことにする。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00510619.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00511355.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00511599.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00511910.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00520624.jpg


なにやら歴史のありそうな業モノ屋を発見。
こんどナイフを持ち込んで研いでもらおう。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00540935.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00541290.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00541551.jpg


そして酒素饅頭なるお菓子屋を発見。
さらにおみやげを調達する。


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00563007.jpg


すきまテープの半分はやさしさで出来ている_d0389370_00562834.jpg


家に帰り着いてかりんとーと饅頭をYUKA氏に献上。

はたしてヘルメットによる頭痛は道中で一度も発生しなかった!
「ヘルメット頭痛に悩まれているライダー諸氏は一度ウレタン充填をお試しあれ」というハナシ。








by noritoyuka | 2020-07-07 10:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(4)

土曜日の鮨


就職した初年度にはまだ職場に週休二日制が布かれておらず,土曜日は職員が隔週で(半数ずつ)半ドン勤務に就いていた。
半日(半数)勤務はどことなく雰囲気がゆったりとしていて,「なんか愉しかったよなぁ」と懐かしく当時を思い出す。

最近の人は知らないよね,半ドンターク。
博多どんたくの存在は知っているだろうけど。

似たような響きの外来語にバッテーラがある。
こちらはオランダ語ではなくポルトガル語由来らしいけど。

昔はヒカリモノの魚が苦手だったが,富山に赴任した際に食べた鯖寿司に衝撃を受けて以来,大好物となった。
しめ鯖は酸っぱいんじゃなくて甘いのね。

和歌山のらーめん店で一口サイズの早すしを口にし,久しぶりにバッテラを腹一杯食べたくなってきた。

腹一杯となると,薄給のサラリーマンはおうちごはんでそれを再現することになる。
さっそく調理器具を準備する。


土曜日の鮨_d0389370_00173730.jpg


バッテーラ?(小舟)
使う器具はこれのみ。

つづいて食材。


土曜日の鮨_d0389370_00172794.jpg


鯖の昆布締め


土曜日の鮨_d0389370_00210766.jpg


酢めし(胡麻まぶし)


土曜日の鮨_d0389370_00211426.jpg


土曜日の鮨_d0389370_00211690.jpg


それらをセット。


土曜日の鮨_d0389370_00233754.jpg


土曜日の鮨_d0389370_00242324.jpg


そして圧す!


土曜日の鮨_d0389370_00243105.jpg


脱型


土曜日の鮨_d0389370_00243447.jpg


そして食す。
うまい!


土曜日の鮨_d0389370_00263993.jpg


つぎは趣向を変えて,炙りをつくることにする。


土曜日の鮨_d0389370_00264209.jpg


土曜日の鮨_d0389370_00264575.jpg


さらにうまい!

ドンタークのバッテラはやっぱりうまかったというハナシ。





by noritoyuka | 2020-06-28 01:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)

出藍の誉れ


出藍の誉れ_d0389370_19461948.jpg


以前の職場の近くにあったラーメン店。


出藍の誉れ_d0389370_19470259.jpg


出藍の誉れ_d0389370_19470795.jpg


濃厚な豚骨醤油スープがウリの人気店だ。


出藍の誉れ_d0389370_19470572.jpg


店舗は住宅街のなかにあるため(自家用車で食べに来る人が多いため),飲料にはノンアルコールビールなども用意されている。
麺,スープ,チャーシューの種類を選択することができ,訪れる人達はそれぞれが自分仕様のらーめんに一家言をもっている。

足繁く通ったこの店の濃厚豚骨スープ,実は和歌山県に店を構える有名店にルーツがあるという。

県境を跨いでの移動規制が緩和されたこの週末,前々から気になっていた件の源流店に行ってみることにした。


出藍の誉れ_d0389370_23033819.jpg


久しぶりとなる週末の外出,いろいろと用事をこなしていたら肝心の和歌山入りが遅くなってしまった。


出藍の誉れ_d0389370_23041311.jpg


JR和歌山駅付近にある件の店を探していたところ,学校の什器を前衛アートのように展示しているシュールな公園を発見した。


出藍の誉れ_d0389370_23041710.jpg


一連の展示の末席にオートバイを並べ置き,目当ての豚骨醤油らーめん店に向かう。


出藍の誉れ_d0389370_23104535.jpg


目当ての店はすぐに発見することができた。


出藍の誉れ_d0389370_23104769.jpg


ピークであろう時間を外して訪れたのに,結構な人数が列をなしていたからね。


出藍の誉れ_d0389370_23203889.jpg


が,意外なほどに回転がはやく,あっという間に自分の順番が回ってくる。


出藍の誉れ_d0389370_00260402.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00261429.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00261763.jpg


らーめんを待つ間,カウンターの上にある「ゆで卵」と「早すし」を食べて待つのが常套であるらしい(料金の支払いは食後の申告制)。


出藍の誉れ_d0389370_00293599.jpg


「早すし」は,富山の「ますのすし」と同じようなあじわい。
けっこう美味しい。


出藍の誉れ_d0389370_00294027.jpg


そうこうしているうちに待望のらーめんが運ばれてきた。


出藍の誉れ_d0389370_00294356.jpg


なるほどおいしい。
が,なぜだか浜松の彼の店の方がおいしく感じるのは,やはりファーストインプレッションのハロー効果なんだろうか。


出藍の誉れ_d0389370_00382932.jpg


充分に満足して店を出た後は,ここに来る途中でチラリと顔をのぞかせた和歌山城へ行ってみることにした。


出藍の誉れ_d0389370_00432690.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00433226.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00433941.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00434296.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00434515.jpg


陽も翳ってきたのでそろそろ家へ帰ることにしよう。


出藍の誉れ_d0389370_00454563.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00454162.jpg


行きも帰りも下道を一筆書きルートとなるように走行する(同じ経路を辿らないように注意する)。
が,帰り路の山越えルートは意外なほどに寒かった。


出藍の誉れ_d0389370_00513192.jpg


出藍の誉れ_d0389370_00513443.jpg


日付が変わってから寄った道の駅にあった(とうの昔に加温が停止された)足湯に癒やされる。
こんなに小さな道の駅なのに 20台くらいの車が停まっているのは(車中泊をしているのは)なぜなんだろう?

青山高原付近の国道では,2回も(2匹も)目の前に鹿が飛び出してきた。
危ない…。
暗いし寒くてシールドは曇るし,いつにもまして慎重に運転しなければならない。

ほうほうの体で家に帰り着く。

さっそく源流店の味の再現にとりかかる。
近所のスーパーでは信頼していた有名な棒ラーメンの在庫がなかったので,代わりにこちらの乾麺をチョイス。


出藍の誉れ_d0389370_01145109.jpg


出藍の誉れ_d0389370_01145493.jpg


これが意外なほどに美味しかった! というハナシ。





by noritoyuka | 2020-06-22 10:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)

エア外食(餃子)



浜松は早出町の(住宅街の)一角に,餃子と焼き肉の美味しい隠れた?銘店がある。


エア外食(餃子)_d0389370_22554361.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_22554768.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_22554997.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_22555236.jpg


肉厚で新鮮,丁寧な仕込みが施されたネタ。


エア外食(餃子)_d0389370_22555717.jpg


それを焼く。


エア外食(餃子)_d0389370_22560750.jpg


with ビール!
ジュビロ磐田の選手達(ラグビーの方ね)もこの組み合わせにゾッコンらしい。



エア外食(餃子)_d0389370_22560925.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_22561258.jpg


そして絶品の餃子。
ホントにおいしい。

今回はこの餃子をおうちごはんで再現する。


エア外食(餃子)_d0389370_00383273.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_00383535.jpg


強力粉と薄力粉を 1:1でブレンド。


エア外食(餃子)_d0389370_00450967.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_00451360.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_00453631.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_00453959.jpg


それらをふるいに掛けてお湯を加える。
そして,耳たぶの触感となるまで練るにねる。


エア外食(餃子)_d0389370_00525231.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_00525413.jpg


生地を寝かせている間に餡の作成を行う。


エア外食(餃子)_d0389370_12031738.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_12032171.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_12032404.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_12032788.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_12033066.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_13561662.jpg


皮の作り方は伊勢にある銘店のオペレーションを参考にする。


エア外食(餃子)_d0389370_13561934.jpg


門前の小僧だけでなく,カウンター越しのおっさんも学ぶのだ。


エア外食(餃子)_d0389370_14050833.jpg


打ち粉には「片栗粉」を用いる。
生地(小麦粉)に馴染まない粉をチョイスするところがミソであるらしい。


エア外食(餃子)_d0389370_14051543.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_14051832.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_14065905.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_14114996.jpg


餡の包み方も堂に入ってきた。


エア外食(餃子)_d0389370_23183487.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_23183877.jpg


焼く。


エア外食(餃子)_d0389370_14132335.jpg


完成。


エア外食(餃子)_d0389370_14132563.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_23290186.jpg


エア外食(餃子)_d0389370_14133428.jpg


打ち粉の副産物である羽根がいい感じ。
焼き加減も上場だ。

昔は冷凍餃子の皮であっても焦がしていた(鍋肌にひっついていた)ように記憶しているが,フライパンの性能がいいからか今回はこんがりキツネ色に仕上がった。

この出来に満足することなく,これからも餃子道に精進していきたいと心に誓ったというハナシ。



by noritoyuka | 2020-06-06 21:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

エア外食(とんかつ)


浜松にはとんかつの銘店が2軒ある(実際にはもっとあるんだろうけど)。
一軒は某グルメサイトの「百名店」で長らく最高評価を維持していた店舗で,もう一軒は「近所の住民が記念日に訪れることを愉しみにする」ような小洒落た店舗だ。


エア外食(とんかつ)_d0389370_22571850.jpg


エア外食(とんかつ)_d0389370_22572112.jpg


一件目の店舗は『蜜蜂と遠雷』に書かれた「三味線店」と「小さなお稲荷さん」の中間にある。


エア外食(とんかつ)_d0389370_22573072.jpg


エア外食(とんかつ)_d0389370_22572799.jpg


この店のとんかつは脂がおいしいと評判だ。
歌手兼俳優のFが「美味しかったです」と食後数日経ってから店に電話してきたという噂もある。


エア外食(とんかつ)_d0389370_22573213.jpg


でも,やっぱり自分はヒレがおいしいと感じてしまう。


エア外食(とんかつ)_d0389370_00063374.jpg


エア外食(とんかつ)_d0389370_00070176.jpg


もう一軒は駅前からちょっと離れた住宅街のなかに店舗がある。


エア外食(とんかつ)_d0389370_00070730.jpg


エア外食(とんかつ)_d0389370_00071044.jpg


エア外食(とんかつ)_d0389370_00070438.jpg


この店もやっぱりロースが人気のようだが,自分はどうしてもヒレの方がおいしいと感じてしまう。

新型コロナ禍による外出自粛要請のなか,これらの店舗の今後はどうなってしまうのだろう。
そんなことを考えながら今回は「とんかつ」をおうちごはんで再現することにした。


エア外食(とんかつ)_d0389370_00375729.jpg


家庭では(廃油の問題もあって)「カツレツ」の調理が常套か。
残念なキャベツ(レタス)の添え方によって見た目はよろしくないけれど,肝心の肉の味はなかなかのものに仕上がった。



by noritoyuka | 2020-05-25 10:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)

エア外食(くずきり)


以前の職場はすべて山の中である(実際は全てが山の中ではなかったけれど)。

山のなかの職場はまた市内有数の桜の名所でもあった。

山のなかの桜であるがゆえにその管理も大変である。ややもすれば葛などの蔓性雑草に枝葉を絡め折られてしまう。
夏場になると社長みずからが休日毎に葛の駆除(蔦切り)を行うので,我々下っ端も(ときおり)その作業に参加していた。

蔦切り作業は重労働である。
作業の季節が近づくと「葛なんか地球上から無くなってしまえばいいのに」なんてことを思っていた(生物多様性の確保に反してるな)。

そんな厄介な雑草である葛の根も,食用(くずきり)や薬用(葛根湯)としてはずいぶん有用な資源であるらしい。
有名なところには『吉野葛』や『掛川葛』などがある。


エア外食(くずきり)_d0389370_21055047.jpg


金峯山寺へ勧進に出かけたときにも本場のくずきりをいただいた。


エア外食(くずきり)_d0389370_21055457.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_21055645.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_21055934.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_21060281.jpg


今回はこの「くずもち」と「くずきり」をおうちごはんで再現する。


エア外食(くずきり)_d0389370_11072856.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_11073399.jpg


まずは秤量。
重量分立で 「葛粉:水=1:3」



エア外食(くずきり)_d0389370_11074393.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_11074682.jpg


水に溶かして


エア外食(くずきり)_d0389370_11075874.jpg


バットに 2[mm]tほど流し込んで湯煎する。


エア外食(くずきり)_d0389370_11080299.jpg


固まってきたらお湯に沈めて透明にし


エア外食(くずきり)_d0389370_11294941.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_11295292.jpg


流水で冷やして 5[mm]幅にカット。


エア外食(くずきり)_d0389370_11314629.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_11315145.jpg


エア外食(くずきり)_d0389370_11315332.jpg


仕上げに黒みつをかけて完成。
さっぱりしていて喉ごしも良くとても美味しい。

「いつかは自分で伐採した葛でくず粉づくりにチャレンジしてみたい」という思いに至ったというハナシ。



by noritoyuka | 2020-05-23 21:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)



ラジオで「『タンメン』をオーダーしたら『タンタンメン』が出てきた」という小咄を聞いたことがある。
そいつは残念だ。音は近いが実が違う。

以前の職場の先輩に「1週間に3日は通う」というお気に入りの担々麺店を教えていただいた。



エア外食(担々麺)【アーカイブ】_d0389370_22311658.jpg


エア外食(担々麺)【アーカイブ】_d0389370_22311943.jpg


担々麺と,そのスープを残さず食べるための白米セット。

本来の担々麺は,ケータリングサービスで食べるもの(汁のないもの)であるという。
麺と挽肉を天秤棒で担いで行商したところから「担々麺」の名がついたんだとか。

が,やっぱり担々麺はこの甘辛いスープがうま味の決め手であるように思う。

当時,テレビのバラエティ番組で「一流シェフの夜食をつくる現場に訪問する」という人気コーナーがあった。
その番組を観た次の日につくった担々麺の写真があったのでサルベージする。


エア外食(担々麺)【アーカイブ】_d0389370_22342194.jpg


材料は「豆乳」「ごまドレッシング」「醤油」「ラー油」「かっぱえびせん」「さば味噌煮缶」「中華麺」「ねぎ」のみ。
この材料で(たった5分で)絶品の担々麺が完成する。


エア外食(担々麺)【アーカイブ】_d0389370_22342368.jpg


ハードディスクを整理していたら懐かしい写真が出てきたよというハナシ。



by noritoyuka | 2020-05-19 10:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)