人気ブログランキング |

鉄分の補給


「OK google!」
テレビのCMでは,オシャレな若者などがスマートホーム等のIoTを駆使している様子が放映され,「我々が幼い頃に夢見ていた便利な社会はすでに実現しているんだよ」と謳っている。

なるほど便利な世の中になったものだ。
今やICTなくしては世の中そのものが成り立たなくなっているような気さえする。

一方で,『ターミネーター』や『マイノリティ・リポート』等のSFが好きだった自分は,そう遠くない将来に訪れるであろうシンギュラリティを本気で虞れている。

AIの開発ってボチボチでよくない?
ブロードバンドの維持って大変だからナローバンドでいいんじゃない?
500[km/h]のリニア中央新幹線も便利だけれど,自分としてはやっぱりユックリと車窓観光ができるローカル線の旅が好きだなぁ。

ということで,大正元年の開業から令和の時代となった今もなお特殊狭軌(ナローゲージ)で運行を続けている『あすなろう鉄道』を表敬することにした。



鉄分の補給_d0389370_22140463.jpg


あすなろう鉄道 四日市駅


鉄分の補給_d0389370_22585389.jpg


「さよなら なろうブルー 重ね押しスタンプラリー」
なろうブルーがもうすぐ引退するのか…。まるで戦隊もののヒーローだ。
その実,暫定カラーを恒久色であるグリーンに塗り替えるということであるらしい。


鉄分の補給_d0389370_22593973.jpg


近鉄名古屋線の高架下


鉄分の補給_d0389370_23074791.jpg


なろうグリーン。
ち,小さい車両だ…。
遊園地のアトラクションみたいと言ったら失礼か。


鉄分の補給_d0389370_23162153.jpg


なんとなくバスっぽい。


鉄分の補給_d0389370_23180289.jpg


日永駅
分岐する路線にあわせたY形のホームがとても特徴的。


鉄分の補給_d0389370_23192936.jpg


鉄分の補給_d0389370_23193224.jpg


西日野駅
昼ごはんの店を探索する。


鉄分の補給_d0389370_23220465.jpg


オシャレならーめん店を発見。
飛び込んでみる。


鉄分の補給_d0389370_23220786.jpg


醤油らーめんが美味しい。
おなかが満たされたので付近の散策を続けることに。


鉄分の補給_d0389370_23255512.jpg


この辺りには伊藤という名のお宅が多い気がするな。


鉄分の補給_d0389370_23260180.jpg


YUKA氏が和菓子の店舗に反応した。
とりあえず入ってみる。


鉄分の補給_d0389370_23260300.jpg


どのお菓子もおいしそう。
食べてみると実際においしかった。


鉄分の補給_d0389370_23320883.jpg


趣のある町並がつづく。


鉄分の補給_d0389370_23321397.jpg


鉄分の補給_d0389370_23321722.jpg


亀山製糸室山工場
特徴的な越屋根が覗える。


鉄分の補給_d0389370_09351025.jpg


素敵な酒造所を発見。
親切な地元の方にとり次いでもらい,酒蔵の中を案内いただけることとなった。


鉄分の補給_d0389370_10004399.jpg


鉄分の補給_d0389370_10004869.jpg


鉄分の補給_d0389370_22365587.jpg


鉄分の補給_d0389370_22365592.jpg


鉄分の補給_d0389370_10015467.jpg


蔵元に地元の歴史を伺う。
先ほどから疑問を感じていた伊藤姓の謎も解明した。
亀山製糸は,伊藤小左衛門という実業家が江戸末期にこの地で興した伊藤製絲場に端を発しているらしい。
そして,伊藤家は五世伊藤小左衛門が中心となってこの地に醤油・味噌・清酒造りなどの事業を広く展開したのだとか。


鉄分の補給_d0389370_23093513.jpg


ITO-BEER
酒造場で角打ち。
外の暑さもあって冷えたビールがとても美味しい。



鉄分の補給_d0389370_00345881.jpg


鉄分の補給_d0389370_00350281.jpg


鉄分の補給_d0389370_00350477.jpg


鉄分の補給_d0389370_00350849.jpg


鉄分の補給_d0389370_00351122.jpg


鉄分の補給_d0389370_00400145.jpg


昭和49年の集中豪雨による水害以来,ここから先の伊勢八王子駅までが廃線となったらしい。


鉄分の補給_d0389370_01284858.jpg


再びなろうグリーンに乗って内部方面へ。


鉄分の補給_d0389370_01460626.jpg


小さな車輌であるにも関わらずこの電車では輪行が可能であるらしい。
ポタリング好きの鉄にはうれしい心遣いである。


鉄分の補給_d0389370_01461214.jpg


鉄分の補給_d0389370_02034703.jpg


内部駅に降り立ち,東海道を杖衝坂へ向かう。


鉄分の補給_d0389370_02035072.jpg


鉄分の補給_d0389370_02035493.jpg


ヤマトタケルと松尾芭蕉の故事がのこる坂。


鉄分の補給_d0389370_02333777.jpg


鉄分の補給_d0389370_02334233.jpg


ヤマトタケルが伊吹山の荒ぶる神の祟りを受けて出血した足を洗い(三重の由来),


鉄分の補給_d0389370_02035876.jpg


鉄分の補給_d0389370_02040102.jpg


芭蕉が馬から落ちた場所。

時間がおしてきたので帰路に就く。
重ね押しスタンプラリーをコンプリートしなければ!


鉄分の補給_d0389370_02593041.jpg


鉄分の補給_d0389370_03002253.jpg


鉄分の補給_d0389370_03003030.jpg


鉄分の補給_d0389370_03003485.jpg


押しきった!
なにか良いことが起こりそうな気がするよ(プラシーボ効果)。


鉄分の補給_d0389370_03181683.jpg




by noritoyuka | 2019-06-23 03:31 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)

帰り道

駅からの帰り道。

月は隠れていたけれど、とても綺麗な夜空でした。

帰り道_d0389370_21275557.jpg

NORIさんのカメラは暗い撮影は苦手なのですが・・がんばって撮りましたよ!
偶然電車も走ってき・・


帰り道_d0389370_21275911.jpg

『ぼくがつきをみるとつきもぼくをみる。かみさまつきをおまもりください。かみさまぼくをおまもりください』

谷川俊太郎訳のマザーグースを思い出す。

なぜだか・・
月に祈りたくなる気持ちにさせられるのはいつでもみんなおんなじなんだろうな('-'*)

by noritoyuka | 2018-11-30 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

よるのさんぽ

昔、いちばんの繁華街だったと言われる『大門』へ行ってみました。

う~ん・・イマイチどの辺が大門の中心なのかわからない。
とりあえず、観音さま周辺はにぎやかに違いない!

でも・・
なんだか怪しい暗がりが。

よるのさんぽ_d0389370_00560926.jpg

どこにでもあると言えばあるような、レトロな吞み屋街。


よるのさんぽ_d0389370_00561321.jpg


しかし、全部やっているのかなぁ~

外はシャッター街。


よるのさんぽ_d0389370_00561893.jpg

「夜だからかなぁ・・」
「さあ・・?」

おのぼりさん状態で何がどこやらさっぱりわからない2人💧


あ、ここ明るいですヽ(゚∀゚)

よるのさんぽ_d0389370_00562122.jpg

やってます感アリ!

よるのさんぽ_d0389370_01051497.jpg




しかし、やはり怪しい・・

よるのさんぽ_d0389370_00562506.jpg

ちょっとはホッとしました(^^ゞ

よるのさんぽ_d0389370_00562972.jpg

こんなところで今日の散歩はおしまいですーー( ̄∇ ̄)



by noritoyuka | 2018-11-24 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

つぅさんぽ

『日本一短い名前の町』は地元民に親しみを込めて『つぅ』と呼ばれています。

♪つぅ・つ・つ・うら・うら輪になって~♪と音頭に歌われているように小さな町角を散歩に参りましょうか 179.png

県庁も市役所も中央郵便局も徒歩圏内の町は、ちょっと歩いたところにこんなすすき畑があります。

つぅさんぽ_d0389370_23430611.jpg

あんまりたくさん生えているので、NORIさんなんて「あれは生花用の畑なの?」と聞いたくらいです💧

でも、電車が通るとちょっとはカレンダー風になったりします。

つぅさんぽ_d0389370_23445647.jpg


そんな町にこんな史跡が。

つぅさんぽ_d0389370_23450310.jpg

ご存じですか?『士清(ことすが)』と読むんだそうです。

何をした方かと言うとーーざっくりと国語辞典の元を作った方です。つまり、江戸時代においてアイウエオから字引する本を考案されたのです。
古来からいろはにほへと・・と使っていたものを、ある日突然「アイウエオだ!」と閃いて和語通音図表(アイウエオ表)なるものを作成した・・
なんだかすごい・・その発想を知りたい!

でもーー隣の市の本居宣長は有名なのになぜそこまで知名度がないの?
史跡施設の教育委員会職員曰く「神道者だったから幕府から嫌われて、それに水戸藩からも睨まれたから」じゃないか~と。
やはり歴史は力が強いものに沿って作られていくんだなぁ・・その延長上に教科書があって何が載るかで自分の知識や常識が決められていくんだーーって考えるとなんだかコワかったです💧
来てみて良かった!もっと勉強しなくちゃな💦

そしてこれ、マップです。

つぅさんぽ_d0389370_23450725.jpg

PartⅠはこの町のどこかに設置されているんだそうですが、場所がわかりませんと言われました。
それならよし!次はそれを探そう!

次なる目標も見つかり、今日の散歩はおしまい♪




そして~~本日のお散歩のハイライトーーーー!


つぅさんぽ_d0389370_23471683.jpg

昭和感満載だな。



ーー余談ーー

通りの『大岡屋』で『士清まんじゅう』を買いました。黒糖蒸しまんじゅうのこしあんなので柔らか~い♪
飲み物でしたよ(;^^)ヘ..


by noritoyuka | 2018-11-23 00:14 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

そうぶんの竹あかり

お散歩がてら「そうぶんの竹のあかり」へ行って来ました。
竹あかりはテレビ番組でタレントが作っているのを見て興味があったのですが、実際に見るのは初めてです。

こちらの竹のあかりは、竹あかり作家と言う肩書きの方が演出された正式なアート作品です。
一部にはワークショップで作った子供たちの竹あかりも並んでいます。

まずは、秋らしく紅葉型にくり抜いた竹あかりが迎えてくれます・・さあ、入ってみましょう♪

そうぶんの竹あかり_d0389370_18393522.jpg

真っ暗な小道をおそるおそる進むと・・見えて来ましたよ、幻想的なあかりの出迎えです。

そうぶんの竹あかり_d0389370_18394873.jpg

なるほど、竹あかりだけではなくて竹細工の演出もあるのですね。

そうぶんの竹あかり_d0389370_18395915.jpg

それにしても細く長い竹!文字どおり力作です166.png 💦

明かりとほんのり色付いた紅葉・・気分はかぐや姫か(^_^;)?

そうぶんの竹あかり_d0389370_18401782.jpg



少し肌寒いので夢中になって風邪などひかれませんように・・お帰りの足もとにも気をつけてくださいね。




by noritoyuka | 2018-11-22 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

旧街道

『日本で一番短い名前の駅』は旧参宮街道に通じています。
単に「旧街道」と呼んでも良いのですが、一駅先の『江戸橋』からは『旧別街道』と言うものが存在するのであえて分けています。

おかげ参りをするのなら関西方面から来られる方は関から江戸橋まで別街道を、関東方面からなら東海道四日市の日永追分から江戸橋までを南下します。
2つの街道が1つになるこの重要な地名に『江戸橋』・・ヘンですよね?江戸でもないのに。
その昔、参勤交代に出かける殿様を家臣達がこの橋まで見送ったことからついた名前だそうです。せっかくなら「袖振橋」とか「別れ橋」とか名付けてくれていたら演歌のタイトルにでもなったやも知れないのに・・実に正直だ。

しかし、この長い参宮街道の一部である駅周辺は再開発の予定からなくなってしまうことが決まっています。(すでに開発されてはいますが)
そこで面影を留めるべく、お散歩してみました。

まず、江戸橋駅

旧街道_d0389370_15422400.jpg


とあるお寺

旧街道_d0389370_15435217.jpg



旧街道_d0389370_15435565.jpg


老舗醤油屋

旧街道_d0389370_15435732.jpg


小さな旅館

旧街道_d0389370_15440098.jpg


謎の看板

旧街道_d0389370_15440256.jpg


一気に昭和に戻ったところで、この街道は現在となり終わります。

残念ではありますが、市民ファーストですからね・・(´・ω・`)

by noritoyuka | 2018-11-14 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)

青空×レストラン

さて、『日本一短い名前の町』の大学病院には素敵なレストランがあります♪
名付けて「青空×レストラン」!(くっつけてしまうと某テレビ番組名になってしまいますので💧)
ちょっと歩いてランチに行きましょうか。

ほ~ら、近づいて来ましたよ~(^_^)

青空×レストラン_d0389370_15482481.jpg


はい!メニュー。

青空×レストラン_d0389370_15484941.jpg


なんて素敵な値段なんでしょうーー!・・当たり前です、職員食堂兼なんですから💧
ま、そこが素敵なのではなくて・・これです!


名古屋を望む↓

青空×レストラン_d0389370_15485601.jpg


中部空港を望む↓


青空×レストラン_d0389370_15485825.jpg

鳥羽を望む↓

青空×レストラン_d0389370_15490129.jpg


ねーー(^□^)

・・とりあえずランチ撮影。

日替わり定食

青空×レストラン_d0389370_15490334.jpg


上海やきそば

青空×レストラン_d0389370_15490520.jpg


帰りは、1階のカフェでスイーツとコーヒーを・・

こちらからの青空はちょっと都会風でしょ(^^ゞ

青空×レストラン_d0389370_15490760.jpg


by noritoyuka | 2018-11-13 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(2)