人気ブログランキング |

シン・ゴジラ



シン・ゴジラ_d0389370_20265077.jpg


シン・ゴジラ_d0389370_20274255.jpg


シン・ゴジラ_d0389370_20274566.jpg


シン・ゴジラ_d0389370_20274791.jpg


シン・ゴジラ_d0389370_20275035.jpg

『 Godzilla(第1形態)』の上陸







by noritoyuka | 2020-03-15 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

梅は咲いたか


桜はまだかいな。

梅は咲いたか_d0389370_17265282.jpg


新型コロナウイルスの蔓延が,国内はおろか全世界的な脅威となっている。
我が職場においてもいろいろな行事が軒並み中止に追い込まれ,それらの主宰や関係するスタッフの志気がみるみる落ちている(経済的損失も大きい)。

年度が明けて暖かくなったらこの騒動もピークアウトするのかな。
一日も早い事態の収束を願ってやまない。

そんな状況のなか,いち早い春の到来を求めて(クラスターの形成に注意して)近所へ梅を見に出かけてみた。


梅は咲いたか_d0389370_17292979.jpg


我がカブにも新しくナビゲーションを導入してみた。
これでもう道に迷うことはなくなった(到着予定時刻が推測できるのもありがたい)。

出発が遅くなってしまったが,お昼ご飯を食べに一身田へ向かう。


梅は咲いたか_d0389370_17331944.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17332498.jpg


国宝の専修寺を通過して,


梅は咲いたか_d0389370_17352348.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17353171.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17354153.jpg


目当ての店に到着。

が,すでに昼営業は終わりを迎える時刻となっている。
おそるおそる暖簾を潜って店主に訊いてみた。

「今からのオーダーは無理ですか?」

「いらっしゃい,全然大丈夫ですよ。」
はた迷惑な客を店主は優しく迎え入れてくれた。


梅は咲いたか_d0389370_17442917.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17443351.jpg


落ち着いた店内。
ホッコリと癒やされる。


梅は咲いたか_d0389370_17454537.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17454955.jpg


日替わりランチ。
丁寧な作りでとても美味しい。そして安い。

お腹が満たされたので,しだれ梅を見るために南へカブを奔らせる。



梅は咲いたか_d0389370_17562332.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17574281.jpg


会場にはすでに先客が大挙して押し寄せている。


梅は咲いたか_d0389370_17585363.jpg


梅は咲いたか_d0389370_17585630.jpg


きれいな車両だ。
ファンネルには風呂の栓?
オーナーはとても大事に乗っておられるようである。


梅は咲いたか_d0389370_18011120.jpg


リムとハブ,それとスポークの綺麗さならば我がカブも負けてはいない。


梅は咲いたか_d0389370_18120498.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18120957.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18121375.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18351353.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18121769.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18122352.jpg


しだれ梅を観賞して「はる遠からじ」を実感する。

そして,チューブレス化したリムのシェイクダウン(リークテスト)をするため,さらにR23を南下することにした。



梅は咲いたか_d0389370_18223015.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18290631.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18291289.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18364593.jpg


梅は咲いたか_d0389370_18364913.jpg


『近鉄宇治山田駅』

そろそろお腹が減ってきた。
近くにある地元で評判の食堂へ行ってみる。



梅は咲いたか_d0389370_18412064.jpg


千客万来。
店内は満席であったため,しばらく時間をおいて再訪することにする。



梅は咲いたか_d0389370_18401014.jpg


梅は咲いたか_d0389370_19092880.jpg


梅は咲いたか_d0389370_19093325.jpg


シャッター街となったアーケードの中にあってこの店だけが営業を続けている(とても繁盛している)。
なんでだろう?


梅は咲いたか_d0389370_18412521.jpg


そんなに深い時間ではないのに,食材が底をついたため自分が最後の客となってしまった…。
そして,地元民のソウルフードとなっている『からあげ丼』を注文する。



梅は咲いたか_d0389370_19214218.jpg


なるほどおいしい。
お腹も満たされたので,津ぅに向かって伊勢街道を北上する。



梅は咲いたか_d0389370_19244204.jpg


梅は咲いたか_d0389370_19244474.jpg


梅は咲いたか_d0389370_19244788.jpg


家に帰り着き,140kmを走行したところでエア圧を確認。
チューブレスリムにはいささかの漏れも認められなかった!

今夏の『チャレンジ1000』に向けて,夢が膨らむシェイクダウンができたというハナシ。






by noritoyuka | 2020-03-14 21:41 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)

鉄分の補給ふたたび


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00122869.jpg

「鉄子」に「歴女」,そして「刀剣女子」まで。
最近の女子にいたっては,かつて「オジサン趣味」と呼ばれた分野のあれやこれやに多大な興味があるらしい。

そういった女子達が垂涎となる企画(鉄道と刀剣のコラボレーション)が静岡で催されていると聞こえてきたので,さっそく当地へ見学に行ってきた。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00130649.jpg

向かうのは遠州にある『天竜浜名湖鉄道』。
同鉄道は,昭和10年に開業した国鉄二俣線を沿革にもつ静岡県西部の第三セクターである。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00133838.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00134690.jpg

『金指駅』
上屋とプラットホームが登録有形文化財となっている。
桑田佳祐のPV撮影(白い恋人達)が行われたのはここだったっけか?


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00195457.jpg

この路線の蒸気機関車が引退したのは昭和46年のこと。
その後も電化されないまま現在に至っているため,線路にトロリー線が配架されていない。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00590249.jpg

コ~~リング・ユ~♪

駅舎付近には『バグダッド・カフェ』ばりの蒸気機関車用給水塔が今に遺っている。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01074149.jpg

ようやく目当ての車両がやって来た。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01061997.jpg

「TH2113」と「KATANA」のWフェイス


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00314462.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00353756.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00343713.jpg

サイドビュー


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00365405.jpg

車両の中へ


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00373750.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00380440.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00394716.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00394342.jpg

新型KATANAの販売価格は 1,512,000円。
薄給のサラリーマンにはちょっと手が出ない…。

キリンは鳴かない。
足るを知るものは富むのである。

雰囲気だけでも堪能できたので,充分に満足して駅をあとにすることができた。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00570453.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00571297.jpg

せっかくなので,ちょっと駅周辺をポタリング。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00574666.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00574809.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00575209.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_00594226.jpg

遠州鉄道(濱松軽便鉄道)奥山線の遺構(国鉄二俣線を跨線するための陸橋跡)

もともと奥山線は二俣線に先んじて敷設されていたところであったが,後から交差を計画した二俣線(国鉄)は東海道本線の非常時迂回線と位置づけられたため,奥山線の方が陸橋を築いてこれを回避(跨線)することとなったらしい。
かつての「親方日の丸」と「ローカル線」の不均衡なパワーバランスを今に伝えるレガシーとなっている。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01133896.jpg

なつかしい…。
このデパートは今でも三重で操業しているぞ。


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01135788.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01140018.jpg


鉄分の補給ふたたび_d0389370_01140741.jpg

東の空に映る神々しいヨシュア・トゥリーのシルエットを確認し,朝のポタリングは爽快のうちに終了した。





by noritoyuka | 2020-03-06 01:44 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

対極にあるもの


奈良県桜井市(三輪地区)が誇る超極細そうめん『白髪』。
その直径は驚きの 0.3mm。

三重県には,そういった極細麺の向こうを張るような極太ヌードルが存在しているという。

さっそくその地へ向けて出発する。


対極にあるもの_d0389370_23281743.jpg


いざ,道場破りのために暖簾をくぐる。
剣を交えておしむを知るのである。


対極にあるもの_d0389370_23520792.jpg


対極にあるもの_d0389370_23282778.jpg


対極にあるもの_d0389370_23305635.jpg


先鋒「伊勢の黒ビール」
なかなか美味い。


対極にあるもの_d0389370_23310457.jpg


中堅(アテ)は「さめたれ」
こちらもなかなかの歯応えがある。


対極にあるもの_d0389370_23311498.jpg


いよいよ大将の登場「伊勢うどん」

黒い。
そして太い。


対極にあるもの_d0389370_23311821.jpg


脇にはあられ,二刀流か…。


対極にあるもの_d0389370_23312272.jpg


機先を制したつもりがスルリとかわされる。

え? やわらかい…。

見た目に反して(三輪そうめんのコシとは対極の)とてもフラジャイルな食感だ。
柔で剛を制する戦術なのか。

しばしの太刀打ちの後に剣を収める。

今回の交剣は,当地における流派の系譜を知るよい機会となった。


対極にあるもの_d0389370_23312632.jpg


退場する際に,この道場の看板(ミシュランプレートの盾)が目に入った。


対極にあるもの_d0389370_00421973.jpg


いつの日にかまた剣を交えることがあるもしれないとの思いを残しつつ,夕闇の迫った道場をあとにした。




by noritoyuka | 2019-12-17 00:55 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)


夜中に降った雨も早朝にはあがっていた。
大気が洗われたようで霊山の山麓はいっそう清々しい。

荘厳な雰囲気のなか,予定どおり金峯山寺の朝の勤行に参加する。


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_22584630.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_23002176.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_23001275.jpg


いよいよ日本最大の秘仏『金剛蔵王大権現』の御前で,僧侶たちの朝座勤行に併せた読経に臨むこととなった。

堂内は当然のことながら撮影厳禁。
それにしても蔵王権現,うわさに違わぬ神々しさである。
神とも仏ともつかない独特の尊格である権現像は,役行者が金峯山での厳しい修行の果てに感得したものであるらしい。



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_19380062.jpg

『蔵王大権現』イメージ  絵 松田大児


厳かに始まった金峯山寺の朝座勤行は修験道独特のものだったのでとても驚いた。
僧侶は読経に併せて指で印を結び,鐘や太鼓を打ち鳴らす。
お経の調子をとる鳴りものの調べには法螺貝のソロパートまであった!

お勤めが終わると僧侶による法話会が行われる。
修験道(金峯山修験本宗)の成り立ちを知ることができる貴重な機会となった。

朝座勤行も終わりを迎え,一端お堂をあとにする。


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_03163470.jpg


宿に帰って朝餉をいただき,次は神奈備(神霊が宿る御霊代を擁した領域)である水分山(みくまりやま)青根ヶ峰を目指すことにした(逆峰)。


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04043199.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04053656.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04055882.jpg

『義経隠れ塔』

修験者の修行場。
京都から都落ちした源義経が武蔵坊弁慶や静御前らと共に身を隠していたとされるところ。
追っ手に囲まれた義経が屋根を蹴破って難を逃れといわれ,蹴抜の塔(けのけのとう)とも称される。



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_12425408.jpg

世界遺産『金峯神社』

奥千本に建つ吉野山の地主神(金山毘古命)を祀る神社。



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04131535.jpg

世界遺産『大峰奥駈道』

吉野と熊野を結ぶ大峰山を縦走する約80kmの古道(修験道における修行の道)。
ユネスコ世界文化遺産である『紀伊山地の霊場と参詣道』の構成資産となっている



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04132557.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04132848.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04133165.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_12483010.jpg

『西行庵』

武士の身分を捨てて法師となった西行が,3年間の侘び住まいを行ったとされる庵。



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_14391226.jpg

西行を師と仰いだ松尾芭蕉はこの地を2度も訪れているらしい。



ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04202405.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04204617.jpg

モズのはやにえ?


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04290949.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04314437.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04314796.jpg

青根ヶ峰 3等三角点


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04352972.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04353746.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04362700.jpg


ユネスコ世界文化遺産を往く_d0389370_04354356.jpg

世界遺産『吉野水分神社』

創建は不詳だが(平安時代初期の『続日本紀』に記述がある?),現在の社殿は豊臣秀頼によって再建されたものであるらしい。

そして下山。
大権現の御前で六根清浄を行うため,再び蔵王堂を目指すことにした。



by noritoyuka | 2019-11-30 23:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

国宝の勧進


『矢奈比賣神社』で悉平太郎像をお詣りしてきたYUKA氏であるが,この他にも今年中にどうしても拝観しておきたい仏像があるという。

仏教寺院に祀られる仏像は,その多くが参拝者の目の届く場所で公開されている。
しかしながら,それらの仏像のなかには「秘仏」や「絶対秘仏」とされる本尊もあり,一般の参拝者はもちろん,寺の僧侶さえがその尊影を視たことがないといったものもあるらしい。

絶対秘仏としては,全国的に『善光寺』のご本尊が有名である。
7年に一度の御開帳も,公開されるのは本尊ではなくそのレプリカ?である前立本尊だ。
さらに,多くの参拝者が目にすることができるのは,本堂の前に建立された(善の綱で前立本尊の中指と結ばれた)回向柱である。
前立本尊を持ち出した秀吉が,夢枕に立った本尊に諭されて同像を返還した翌日に亡くなったといった話もあるしね(怖ろしい)。

秘仏としては法隆寺の『救世観音像』も有名だ(国宝で年2回の公開がある)。
明治期に行われた文部省図画調査では,フェノロサと岡倉天心がためらう僧侶の制止を振り切って夢殿を開扉し,450mの白布に包まれた同像を曝いたという逸話も残っている(居合わせた僧侶は祟りを怖れて逃げ出したらしい)。

そこで,YUKA氏。
国宝である仁王門の勧進のために公開されることとなった金峯山寺の秘仏本尊『金剛蔵王大権現』をどうしても目にしておきたいらしい(本来であれば60年に一度くらいのスパンで御開帳を迎える秘仏なんだそうだ)。


国宝の勧進_d0389370_00403015.jpg


国宝の勧進_d0389370_00412059.jpg

まずは大宇陀松山地区でスイーツを調達。
初代から一子相伝で受け継がれているその味は,長谷寺の御用達にもなっているらしい。


国宝の勧進_d0389370_00405783.jpg


国宝の勧進_d0389370_00404199.jpg

続いて絶品の奈良漬けを購入。


国宝の勧進_d0389370_00404934.jpg

新聞や週刊誌に取り上げられているロックなデメキンにも出会えた。
そして,身を清めるために温泉へ。


国宝の勧進_d0389370_01171160.jpg


国宝の勧進_d0389370_01101992.jpg


国宝の勧進_d0389370_01102811.jpg


国宝の勧進_d0389370_01103135.jpg


国宝の勧進_d0389370_02474717.jpg


国宝の勧進_d0389370_01104348.jpg


国宝の勧進_d0389370_01104645.jpg


日も翳ってきたため(翌朝の勤行に参加するため),寺町である吉野山に宿営する。


国宝の勧進_d0389370_01390118.jpg


国宝の勧進_d0389370_01390317.jpg


国宝の勧進_d0389370_01390786.jpg


国宝の勧進_d0389370_01391597.jpg


国宝の勧進_d0389370_01391952.jpg


吉野といえば,本葛による葛切りを食べなければなるまいて。
そういえば,前の職場では職員総出で(首長自らが率先して)このツタを切る作業に従事していたっけな。


国宝の勧進_d0389370_01392677.jpg


賞味期限は 10分。
予約してからそれを口にするまで2時間かかったが…。


国宝の勧進_d0389370_01392624.jpg


国宝の勧進_d0389370_01393452.jpg


国宝の勧進_d0389370_01393668.jpg


国宝の勧進_d0389370_01394379.jpg


宿に着いての晩餉。


国宝の勧進_d0389370_01484657.jpg


国宝の勧進_d0389370_01490393.jpg


国宝の勧進_d0389370_01485668.jpg


国宝の勧進_d0389370_01485628.jpg

ここでも飽きもせず葛のうどんをいただく。
こうして吉野での1日目は,金剛蔵王大権現像を一度も目にすることなく足早に過ぎていったのだった(21時には床に就いていた)。




by noritoyuka | 2019-11-24 02:14 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

にわかファン



にわかファン_d0389370_18115020.jpg



テレビのドキュメンタリー番組で目にした『シュローヴタイド・フットボール』。
「告解の火曜日」と「灰の水曜日」の2日間,イングランド中部にあるアッシュボーンの町を二分して行われる壮絶なゲーム(祭り)だ。

「勝利したチーム(ゴールを決めた者)はその地域における最高の栄誉を手にすることができる」といった点においては,西宮神社の『十日戎開門神事福男選び』に通ずるところがあるのかもしれない。

ルールが複雑でフィジカル面のハードルが高いために馴染みのなかったラグビーであったが,件のフットボールに照らしてみると(塊になって皆でボールを運ぶという基本的なスキームを理解すると)何となく親しみが沸いてくる(おぼろげながらもルールがみえてくる)。

そういったこともあり,世間が沸き立っている『ラグビーワールドカップ2019日本大会』を様々な方法で鑑賞することにしてみた。



にわかファン_d0389370_01031342.jpg

にわかファン_d0389370_01035122.jpg

にわかファン_d0389370_01035888.jpg

にわかファン_d0389370_01040641.jpg

にわかファン_d0389370_01040994.jpg

ファンゾーン(ニュージーランド v 南アフリカ)




にわかファン_d0389370_01153887.jpg

にわかファン_d0389370_01154134.jpg

スタジアム(オーストラリア v ジョージア)




にわかファン_d0389370_01245886.jpg

自宅(日本 v スコットランド)





にわかファン_d0389370_17524737.jpg

にわかファン_d0389370_17545236.jpg

にわかファン_d0389370_17545646.jpg

にわかファン_d0389370_17550118.jpg

パブ(イングランド v 南アフリカ)



台風による試合の中止やそれによって不戦敗となってしまったカナダ代表による釜石市でのボランティア活動,日本代表の決勝トーナメント初出場など,いろいろな心温まるエピソードや胸躍る展開が繰り広げられた今回の大会であったが,期間を通して一番魅せられた場面は「日本 v スコットランド戦」で実現した稲垣のトライだった。

堀江,ムーア,トゥポウがスコットランド陣のタックルに沈むなかで次々とオフロードパスを繋ぎ,最後には稲垣がノックオンしないようボールを両手で抱えながらのトライ。

寄せ手のアタックに倒れながらも身を挺してパスを出す,するとその傍らには常にフォローする者がいて希望を紡いでゆく。
『スターウォーズ』のスピンオフ(前日譚)である『ローグ・ワン』の最期を思わせる光景が現実のものとして展開した様には泪が誘われた。

大会ホスト国としての日本の高いホスピタリティも話題となった今回のRWC。
来年に迫った『東京オリンピック・パラリンピック』においても,引き続きのおもてなしによって大会が成功裏に終わることを願っている。



by noritoyuka | 2019-11-05 01:04 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

ムーンショット


SDGsにおける目標設定の意義を説明する際には,'61年にケネディ大統領が公言した『アポロ計画』がよく引用されている。

たとえ大風呂敷と揶揄されようとも,世界にインパクトをもたらす壮大な目標を掲げる言辞があったからこそ,それを実現するための知恵や技術をバックキャスティングする(イノベーションを生み出す)ことができたといった発想だ。

なるほど 60年代に 38万km離れた月に人類を送り込むこと(そして無事に生還させること)を宣言するとはなんとも壮大な目標だ。

月かぁ。

仮に月までが地続きだったとして,そこに到達するためには車で向かっても約半年といった日数を要することになる。
198[日]= 380,000[km]÷ 80[km/h]÷ 24[h/日]

月についてあれやこれやと調べていたところ,「静岡県には月に車で日帰りすることのできるスポット(ワームホール?)があるらしい」という信じられないような情報を得ることができた。

これは行ってみなければ。

情報では月のホワイトホールに繋がるブラックホールは静岡県の浜松市にあるらしい。
さっそく現場へ向かう。


ムーンショット_d0389370_01055218.jpg


ムーンショット_d0389370_01563282.jpg


あった…。
ここから月まで 3kmだ!

これなら余裕で日帰りができる。


ムーンショット_d0389370_01055262.jpg


ワームホールを抜けて月面を探索すると,果たしてそこには『月光山』なる山号をもつ臨済宗のお寺があった。
月にはウサギしか住んでいないと思っていたのに…。


ムーンショット_d0389370_01055259.jpg


ムーンショット_d0389370_01055223.jpg


ムーンショット_d0389370_01055370.jpg



荒涼としたクレーターが広がる風景を想像していた月面に青々とした生物(植物)を発見!



ムーンショット_d0389370_01055364.jpg


未知との遭遇

月の重力加速度は 1.6[m/s^2]
こころなしか車の燃費が良くなった気がするが,周辺にはガソリンスタンドがないようなので無事の帰還を期するためにも早めにここをあとにすることとした。

スペースオデッセイと呼ぶにはなんとも短い月面滞在であったというハナシ。



by noritoyuka | 2019-09-26 00:00 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)

翳りゆく夏


今をさかのぼること 440年前,泉州堺で「本能寺の変」の一報を受けた徳川家康一行は,一刻も早く本国三河へ戻ろうと(伊勢湾に向かうべく)決死の思いで伊賀越えを敢行した。

この伊賀越えの功労者でもある服部半蔵は,その後,江戸城の搦手(現在の半蔵門)に屋敷を構えるまでに家康の信頼を獲得していったらしい(家康血筋の松平アナウンサーが『その時歴史が動いた』のなかで解説していた)。

暑さも峠を越えたので,440年前に一行がほうほうの体で行軍したその経路をカブで逆向きに辿ってみる(津から伊賀上野までだけど)。


翳りゆく夏_d0389370_02041961.jpg


R163を西へ


翳りゆく夏_d0389370_02042672.jpg


上野高校明治校舎


翳りゆく夏_d0389370_02042295.jpg


伊賀上野城
その 30mの高石垣は,大阪城のそれとともに日本で一,二を争う高さなんだとか。



翳りゆく夏_d0389370_02042987.jpg


伊賀鉄道


翳りゆく夏_d0389370_02043242.jpg


翳りゆく夏_d0389370_02043778.jpg


上野の町並み


翳りゆく夏_d0389370_02044089.jpg


翳りゆく夏_d0389370_02044324.jpg


噂に聞こえた銭湯


翳りゆく夏_d0389370_02045227.jpg


銭湯に併設された甘味処


翳りゆく夏_d0389370_02044632.jpg


往く夏を惜しんでかき氷を注文


翳りゆく夏_d0389370_02045794.jpg



きびみつが素朴な味わいでとても美味しい。



翳りゆく夏_d0389370_02103709.jpg



帰り道ではキャブレターのフロート(バルブ)が引っかかり,信号で停車するたびにオーバーフローするというやっかいな症状が現れた。
津までの道中はガソリンスタンドが少なく,残量1リットルを切ったカブでは非常に心許ない状況だ。

果たして停車のたびにコックを閉める処置を行い,からくもガス欠寸前で伊賀越えを果たすことができた。
来年のチャレンジに向けた有意義な(整備する課題のみえた)伊賀ツーリングであったというハナシ。





by noritoyuka | 2019-09-17 00:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(3)

反省会


思慮深い昔の偉人は日に三度以上も反省することがあったらしい。
凡庸な自分にいたっては,月にいっぺんでも振り返ることがあれば多い方なんだけど…。

残暑が厳しく蒸しあつい長い夜,チャレンジ1000参加のために買ったスマートフォンに居酒屋で使えるクーポンが贈られてきた。
セールスプロモーションをかけられていることは判っていたが,せっかくなのでネギを背負って近くの寿し居酒屋へ出かけることにした(チャレンジの反省会)。


反省会_d0389370_01263125.jpg


反省会_d0389370_01263520.jpg


チャレンジ 1000の参加において,反省すべき点は山盛りだ。
最大の落ち度は「スケジュール感(行程管理意識)の欠如」である。

裏耐久。
『鈴鹿8時間耐久ロードレース』の裏イベントとの刷り込みがあったため,てっきり日曜日の走行(日曜 0時~24時)かと思い込んでいた。
日程確認ができていない。ビジネスマン失格だ。

が,リスケジュールも悪いことばかりではない。
24時間の空き時間ができたことで栃木県の面白スポットを愉しむことができた。

まずはB級グルメ。

宇都宮餃子といえば『み○み○』が有名だが,宇都宮市役所にお勤めのS川さんからは「『正○』が旨い」と教えていただいた。
しかも店舗によってシステムや味が違うという。

これは行ってみなければ。


反省会_d0389370_19092885.jpg


まずは氏家店


反省会_d0389370_19093231.jpg


全く向き合っていないカウンター


反省会_d0389370_19093524.jpg


反省会_d0389370_19093860.jpg


オーダーは「ヤキ」「スイ」の2品。「アゲ」はない。
間違いのない美味しさ。

次の店舗へ向かう。


反省会_d0389370_19564030.jpg


反省会_d0389370_23310829.jpg


反省会_d0389370_23311073.jpg


餃子店のハシゴ。
こちらの店舗も「アゲ」はなし。
が,ライスはラインナップされていた(オーダーしてはいないけど)。

やっぱり美味しい。

お腹は充分に満たされたけど,いかんせん気温が高すぎてバテ気味に。
ここでYUKA氏が耳寄りな情報を仕入れてきた。
なんでもこの近くに天然の冷え冷えスポットがあるらしい。


反省会_d0389370_21450520.jpg


まずは日本最古の磨崖仏があるというこのお寺
寺院内は当然のことながら撮影NGだった。


反省会_d0389370_21451520.jpg


つづいて近くの石切場へ。


反省会_d0389370_21452033.jpg


反省会_d0389370_21452350.jpg


壮大なスケールに圧倒される。
が,それにしても暑い。
ぜんぜん涼しくないじゃない。

しばらく歩いていると,みるみる人が増えてきて,それに反して次第に気温が下がってきたような…。


反省会_d0389370_21452750.jpg


これが天然クーラーといわれる地下神殿への入り口か。
レンズも曇る。
坑道入口周辺は明らかに冷気が漂っている。


反省会_d0389370_21453326.jpg


反省会_d0389370_21453789.jpg


ズンズンと地下に下っていく。
おぉ,涼しい。


反省会_d0389370_22214315.jpg


いや,ちょっと寒いぞ。


反省会_d0389370_21455319.jpg


反省会_d0389370_21454630.jpg


反省会_d0389370_23521088.jpg


反省会_d0389370_21454909.jpg


地中熱を回収するヒートポンプには懐疑的な見方があったけど,ここにはこんなポテンシャルがあったのね。
ごめんなさいM先生。


反省会_d0389370_23544550.jpg


反省会_d0389370_23544826.jpg


広い坑内をウロウロかち歩く。
外は暑そうだが,そろそろ三重に向けて動き出さなければ。

外気温はまだまだ高かったが,いつのまにかすぐに陽が落ちてしまいそうな時刻となっていた。
途中,佐野らーめんを食べようと思ったがすでに多くの店舗が暖簾を下ろしている。

いかん,急いで帰らねば。

東北自動車道,首都圏中央連絡自動車道を順調に乗り継ぎ,勝手知ったる東名高速道路へ。
この調子でいけば今日中に三重に帰り着くことができそうだ。

神奈川県の行路もまもなく終了,もう少しで静岡県に突入する。

そのときである。
「バーン!」
「バタ バタ バタ バタ バタ」
「ガ・ガ・ガ・ガ・ガッ…」

大きな破裂音と共に不意に車速が低下した。
アクセルを踏めども踏めども前に進まない。

高速道路での低速走行は命取りである。
とりあえず車を路肩に寄せてタイヤを確認。


反省会_d0389370_00012482.jpg


見事なバーストである。

こういったシチュエーションに陥っても必要以上に悲観的になってはいけない。
それがパレアナの教え。

「バーストがトンネルの中で起きなくて良かった!」


反省会_d0389370_00011661.jpg


反省会_d0389370_00012956.jpg


テンパータイヤ(実際は8プライのスペア)に履き替えて再び三重に向けて走り出す。

「最後にチャレンジらしいアクティビティが経験できて良かった!」




by noritoyuka | 2019-09-14 14:14 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)