人気ブログランキング |

チャレンジの顛末


車輌の準備ヨシ!
周辺のガジェット制作も抜かりナシ!
気合いも充分!

職場のクリーン作戦も滞りなく終了し,急いで家に帰って茨城行きの準備を行う。

がしかし,テレビのニュース曰く,我が「北関東行き進路」の後方からは雨台風である6号『ナーリー』がジリジリと迫ってきているらしい。
クリーン作戦中はあんなに晴れていたっていうのに…(熱中症になりそうだった)。

台風が上陸する前に三重を発つか?
上陸をやり過ごしてからその後をゆっくりと北上するか?

テレビニュースやYUKA氏と協議した結果,とりあえず(暑さにやられた身体を休めるために)仮眠をとり,その後の様子をみながら安全第一で出発することとなった。
雨が降る前に…と思ってカブをトランポに積み込んでいると,だんだんとチャレンジ感がいや増してくる。
遠足前の小学生と同様になかなか寝つけなかったものの,「睡眠もチャレンジの下準備」と自らに言い聞かせて横になった。

明けて27日,ナーリーさんの歩みが思いのほか遅いことが発覚。

仕方ない,意を決して北関東へ向けて出発する。

水戸藩カブの『星ふる里』は茨城県にあるが,チャレンジ1,000キロのスタート地点となる『ツインリンクもてぎ』の所在地は栃木県だ。
今回は,常磐自動車道を通らずに東北自動車道を使って北上することにした。

東北自動車道(栃木経由)といえば宇都宮餃子である。

この後の24時間では寸暇(食事を摂る時間)を惜しんで奔り続けなければならない。
とりあえずこちらの店で十二分にお腹を満たしておく。


チャレンジの顛末_d0389370_23483396.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_23483261.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_23483389.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_23483347.jpg


焼き・すい・揚げ,これがこの地でのベストオーダーだ。


チャレンジの顛末_d0389370_23483254.jpg


燃料補給完了。

スタート前の仮眠をとるため,一路『星ふる里』に向けて再出発する。

ベースに到着すると,トランポやテントサイト周辺は妙に静まりかえっている。
チャレンジャー達はこの後の走りに備えた準備(仮眠)に余念がない。

皆さんの睡眠を邪魔しないよう,騒音の発生に気をつけて静かにトランポからカブを降ろす。

続いてテントの設営。
ライトの灯りにも気をつけて作業を進める。
暗闇でゴソゴソ。

すると,事務局の建物から誰かがこちらに向けて近づいてくる。

「どうしました?」

「ウルサくないよう気をつけてテントを張っていましたが起こしてしまいましたか。申し訳ありません。」
と自分。

「………」

事務局員からの返事はない。

しばらく間をおいてからの局員の言辞,
「あのぅ,皆さんはとうの昔に出発していますよ。」
「はやい人ならもう少しで帰ってくる頃なんじゃないですかねぇ。」

「………」

今度はこちらが絶句した。

事務局員と思っていた方は『1,000キロチャレンジ』のオーガナイザーである阿久津さんの奥さま(通称「お母さん」)その人であった。
お母さん曰く「チャレンジのスタートである『土曜の深夜』は 24時ではなく 0時」であるらしい。

大事なところでそつを出す
それが俺クオリティ…。

事務局でうなだれていると,奥から雑誌で見たことのあるS川さん(ポルシェ356SC乗り)が顔を出してみえた。
強面のS川さんであるが実はとても気さくな方で,落ち込んでいる自分に対してもやさしく声をかけて下さった。

なんでもS川さんはトップを快走していたものの,折りからの雨にたたられて(パワーフィルター仕様のキャブが雨水を吸い込んで)リタイアしてしまったらしい。

S川さんやM田さんに水戸藩カブの愉しみ方などを教わっていると,暗闇を切り裂いて近づいてくる1台のOHVサウンドが。

往年のヨシムラ所属レーサーであるK氏だ。
え? この時間で 1,000kmを走って帰ってこられるの?

車輌のオドメーターを見せてもらうと確かにコースを完走している(厳密にいうと今年のコースは 1,000kmではない)。


チャレンジの顛末_d0389370_01422024.jpg


腕に憶えのあるレーサーはカブに乗っても速いのか。

そうこうしているうちにもう1台のカブが帰ってきた。
『走る銀色の矢』のオーサーであるシルバー氏だ。


チャレンジの顛末_d0389370_02172017.jpg


氏からも今回のチャレンジの過酷さ(雨対策の重要さ)や今後のためになる貴重なお話しを伺うことができた。

バケツをひっくり返したような雨の中で行われた今回のチャレンジ。
他のチャレンジャーの安否やいかに?
深夜も1時を過ぎたころ,とりあえずゴール地点である『ツインリンクもてぎ北ゲート』に行ってみることにする。


チャレンジの顛末_d0389370_02264402.jpg


すると,ゲート手前に少数の人だかりが。
ゴールしたチャレンジャー達だ!


チャレンジの顛末_d0389370_02382621.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_02382910.jpg


食糧庁カラーのC105。
綺麗にまとまった一台だ。


チャレンジの顛末_d0389370_02383248.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_02383489.jpg


もはや素人の域ではないモディファイが施されている車輌。
でも,機関はもちろんOHV。
それがチャレンジ1,000のレギュレーション。


チャレンジの顛末_d0389370_02460441.jpg


ハンドル周りに有料トンネルの通行料金を貼り付けている車輌もあった。
プリミティブだが有用な試みだ。

これ以降,2時を過ぎてもゴールするチャレンジャーは一向に現れない。
それだけ過酷なツアーだったんだろう。

再び『星ふる里』へ引き返す。

3時頃だっただろうか,ようやく藩主の阿久津さんが『星ふる里』に帰還された。



チャレンジの顛末_d0389370_03384079.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_03093858.jpg


御年84歳。
60年前に造られた 55cc のOHVで,大雨と炎天下のなか,24時間眠らずに(食べずに)1,000kmを走りきる。
本当にすごい人である。


チャレンジの顛末_d0389370_03300916.jpg


お母さんとU野さんの手によって,完走者にモロヘイヤ入り「完走うどん」が振る舞われた。
恐縮ながら,自分もこの完走うどんをいただいてしまった。
出走すらしていないのに…。

うどんはとても美味しかった。


チャレンジの顛末_d0389370_04075894.jpg



夜が明けてくる頃には多くのチャレンジャーが『星ふる里』に戻ってきた。



チャレンジの顛末_d0389370_04260454.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04260625.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04074099.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04310440.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04310709.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04074081.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04290730.jpg



美味しいスイカが配られたころ,ボチボチと帰宅の途につくチャレンジャー達も現れ始めた。



チャレンジの顛末_d0389370_03384697.jpg


チャレンジの顛末_d0389370_04353500.jpg


名残り惜しいところではあるが,自分も(チャレンジが叶わずホテルの予約をキャンセルしたため)予定を変更して今日中に三重まで帰らなければならない。

阿久津さんにそのことを告げると,「次は日の入り・日の出・日の入りツーリングですよ」との嬉しいお誘いをいただいた。
また,お母さんからは「YUKA氏へ渡してほしい」と手作りのブルーベリージャムをいただいてしまった。


チャレンジの顛末_d0389370_03384321.jpg


また近いうちにここへ戻ってこよう。
そして,来年のチャレンジでは完走を果たしたのちに大きな顔をして「完走うどん」をたいらげよう。

一年後のリベンジを誓って『星ふる里』をあとにした。






by noritoyuka | 2019-08-12 05:02 | 車・バイク | Trackback | Comments(3)