人気ブログランキング |

<   2019年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

無事これ名馬



無事これ名馬_d0389370_11291666.jpg


「メメント・モリ」

死を忘ることなかれ。さすれば生が輝かん。
多くの先達がそうであったように,自分もスカル柄を身にまとって「死生」を意識する。

いよいよ今週末がチャレンジのはじまり。


無事これ名馬_d0389370_09210030.jpg


願わくば成功裏にチャレンジを成し遂げたうえで何事もなかったように日常に戻ってきたい(やらねばならない仕事も溜まっているしね)。




by noritoyuka | 2019-07-27 14:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(3)

にわかラリースト


土地勘のないところを旅する際,現代人が頼みとするところはガーミン先輩かグーグル先生となるのが一般的だ。

がしかし,水戸藩カブのレジェンドはそういった便利なガジェットの使用をよしとしない。
簡単にできることに漢は逸らないのだ。

藩是に従ってプリミティブな方法で進路を検索することにする。

ラリーライドといえばコマ図による走行だ!
よし,ここはひとつカブに見合った(手動の)コマ図ホルダーを制作してみようじゃないか。



にわかラリースト_d0389370_02015803.jpg


近所のホームセンターや 100円ショップで材料を調達。
結局ハトメは使用しなかったけど。



にわかラリースト_d0389370_02020189.jpg


好きなことば『現場あわせ』



にわかラリースト_d0389370_02020402.jpg


フィーリングで制作を進める。



にわかラリースト_d0389370_02033805.jpg


なんとなく嫌な予感…。


にわかラリースト_d0389370_02035208.jpg


にわかラリースト_d0389370_02034571.jpg


にわかラリースト_d0389370_02034976.jpg


完成!



にわかラリースト_d0389370_02051852.jpg


コマ図も完成!
結構長い…。

で,予感的中。
コマ図がホルダーに収まらない。



にわかラリースト_d0389370_02052252.jpg


にわかラリースト_d0389370_02052542.jpg


作り直し。

なんとか間に合った。
チャレンジではこれで迷わずにゴールまでたどり着くことができるのだろうか?









by noritoyuka | 2019-07-27 02:11 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

ドーピング


旧車のエンジンを潤滑する際には,オイル滲みを防ぐためにも鉱物油を用いるのがセオリーだ。
しかしながら,非力な小排気量車では少しでも高性能なオイルを使っておきたいのもまたオーナーの偽らざる心情である(フリクションロスの軽減につながる?)。

100%シンセティックはだめでも部分合成ならなんとか…。


ドーピング_d0389370_01412936.jpg



ドーピング_d0389370_01413785.jpg


で,300V信者の自分はこれをチョイス。



ドーピング_d0389370_01414117.jpg


ついでに,なにかと良い評判が聞こえてくるこちらもプラス。

こころなしか回転が軽やかになった気がするよ。




by noritoyuka | 2019-07-27 01:45 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

シビれる奔り


小排気量車のロングライドに必須のモディファイふたつ目。


シビれる奔り_d0389370_00491947.jpg


それはハンドルの振動対策。
チャレンジから数ヶ月経ったあとでも手のしびれに悩まされる人がいると聞くからね。



シビれる奔り_d0389370_00492378.jpg


さっそくホームセンターでそれらしいスポンジを購入



シビれる奔り_d0389370_00492785.jpg


テープで仮止め



シビれる奔り_d0389370_00493058.jpg


レザーを巻いたうえでワイヤリング
見た目はちょっとあれだけど,見方によっては機能美と捉えられなくもない。


シビれる奔り_d0389370_00493300.jpg


ま,そのうち馴染んでくるでしょう。




by noritoyuka | 2019-07-27 00:52 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

チャレンジへの助走


そつを出すことなく 1,000キロを奔りきるため,車輌のモディファイにとり掛かる。

長距離を走るカブに必要なもの,それはトリップメーター。
現行スクーターのような燃料計がないため,給油するタイミングは走行距離から推し測るしかない。

カブの手練れ衆の間ではランドナー用サイクルコンピュータを利用するのが常套手段であるらしいので,今回はそれに倣うことにする。

アクスルシャフトのカラー径を計測してブラケットを発注。


チャレンジへの助走_d0389370_00152556.jpg


うまく収まった。


チャレンジへの助走_d0389370_00153261.jpg


チャレンジへの助走_d0389370_00153632.jpg


チャレンジへの助走_d0389370_00153908.jpg


備忘のためにタイヤ周長を記録しておく(176[cm])。



by noritoyuka | 2019-07-27 00:21 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

ドック入り


「ト,トパタッ,トッ,トパタタッ…」

ハーレーのエンジンは不整脈でも味がある。
いや,不整脈であるがゆえに魅力的である。

その独特な三拍子のエンジンノイズ(排気音?)は,米国特許商標庁に商標登録さているとかいないとか。

OHVエンジンのもう一方の雄,ナイセストピープルの乗り物である初期型カブのエンジンは,「バタバタバタッ」と小気味よく回ってもらわないと落ち着かない。

我がC105の健康状態はどうだろうか?
ちょっと圧縮が足りないような気もするがよく判らない。

ここはひとつ,長期の入院を行って専門のお医者さんに詳しく診てもらうことにしてみよう。


ドック入り_d0389370_01090880.jpg


エンジン脱着は,社宅のクリーンルームでの作業を強いられる。


ドック入り_d0389370_01092588.jpg


レッグシールドを外し


ドック入り_d0389370_01092971.jpg


マフラーをチョップ


ドック入り_d0389370_01091961.jpg


ハーネスの接続をメモして


ドック入り_d0389370_01093478.jpg


ドック入り_d0389370_01095753.jpg


エンジンを下ろす。


ドック入り_d0389370_01114471.jpg


ドック入り_d0389370_01114724.jpg


養生をして梱包


ドック入り_d0389370_01115072.jpg


しばしのお別れ。
こころに隙間。

元気になって帰ってこいよ~!



by noritoyuka | 2019-07-13 01:40 | 車・バイク | Trackback | Comments(2)