人気ブログランキング |



遠州地方は織機産業で栄えた地域。
今では域外に移転して業界のガリバーとなった大手企業のいくつかも,かつてはこの地でもって遠州織物の生産を生業としていたはずである。

「障子をあけてみよ 外は広いぞ」

豊田佐吉や本田宗一郎,この地で生まれて大きく育った多くのファウンダー達は,自社の更なる飛躍を求めてこの遠州から巣立っていった。

そんななか,創業の地にしっかりと根を張って地元に税収面等で貢献している企業がある。
それがスズキ。浜松市が誇る地元の大企業である。
マツダの企業城下町である府中町と同様,スズキを擁する可美村が長らく浜松市との合併を拒んでいたという黒い過去はこのさい忘れておこう。

新型KATANAもどうやら市内で生産されているらしいしね。
これは一度同社の本丸を訪ねてみなければ。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02445838.jpg

スズキの本社にホンダで表敬。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02450441.jpg

そのまま歴史館へ。
他社のプロダクトを微笑んで受け入れる懐の広さ。大企業のなせる業である。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02450704.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02525149.jpg

エントランスの脇には刀が鎮座。
あれ? 新型は…。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02570843.jpg

G.ロッシのRGB500(XR34)


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02570431.jpg

R.マモラのRGΓ500(XR35)


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02571107.jpg

F.ウンチーニのRGΓ500(XR40)


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03130944.jpg

K.シュワンツのRGV-Γ500
あれ? B.シーンのRG500は…。

気をとり直して歩を進める。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_11493609.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02571931.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02574276.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_02574677.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03510970.jpg

勢い余ってスズキ社の会議に陪席。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03521524.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03521848.jpg

そのままデザイン室にも顔を出す。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03535203.jpg

クレイモデルの制作を見学して,


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03544391.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03544749.jpg

次世代コンセプトカーの開発を視察する。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03562135.jpg

工場での車の制作過程を臨場感たっぷりに紹介してくれる3Dシアター。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_03565215.jpg

4DXと同じく霧の噴射などもあってなかなか楽しい。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_04013394.jpg

シアターを出ると,映像の続きからリアルな製造ラインへ。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_04035355.jpg

なつかしの学び舎も鳥瞰できる。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_04064820.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_04065483.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_04065844.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_11582849.jpg

スズライト


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_11592477.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_11592000.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_11592775.jpg

ここから日本のモータリゼーションが加速する。

現代の課題は「若者の車離れ」と「高齢者による運転事故の多発」だ。
自動運転や超小型モビリティといった次世代技術の早期普及を願ってやまない。


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12132679.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12132639.jpg


展示車輌を見学して思ったこと,それは「昔の工業デザインは秀逸だった」というところ。



スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12285777.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12290275.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12292005.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12292210.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12292749.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12294810.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12325729.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12293734.jpg


スズキ歴史館に行ってきた_d0389370_12295198.jpg

時間がおしてきたため途中で展示館をあとにすることとなった。

樹脂成形コーナーのシミュレーションを体験すると,自らが成形した?ミニカーがもらえたらしい。
スイフトが出てきたら○かぴいさん,クロスビーが出てきたら○村さんに贈ろうと思っていたのに残念だ。

駐輪場に戻ってタブレットでお土産店を検索していると,スーツを着たスズキ関係者と思しき老紳士から「綺麗な車輌ですね」と声をかけられた。
「他社の製品ですみません」と自分。
ひとしきりオートバイが華やかなりしころの話題で盛りあがった。

ふと気がつくと広い駐輪場には我々二人きり。
慌てて駐輪場から出て後ろを振り返ると,先ほどの老紳士がゆっくりとゲートを閉めている。

あ,「綺麗な車輌ですね」は「ぶぶ漬けでもどうどす」って意味だったのね…。

つまらないハナシに付き合わせてしまいごめんなさい老紳士。
いろいろと良いモノを見せてくださりありがとうございましたスズキ。

宝くじが当たったら新型KATANAを買う予定です。


by noritoyuka | 2019-05-18 23:00 | 車・バイク | Trackback | Comments(0)

つくる責任つかう責任


THE(イギリスの教育専門誌)が発表したインパクトランキング2019において,我らの職場がSDG12の分野で国内1位(世界31位)にランクされた。

この位置づけは,我が社の「食品ロスの削減/化学物質の適正廃棄/廃棄物の削減/グリーン購入の実施」等の取り組みが外部(海外)から高く評価された結果だ。
芸は道によって賢いのである。

職場は外部から高い評価を受けることとなったが,はたして自分自身の振る舞いはいかがなものであったか。
日々の生活で正しく3Rを実践しているか?

思い立ったが吉日。
さっそく身近なところから3R活動を実践してみる。

とりあえず,社食の事業者が廃棄する予定だった一斗缶を利用してスモーカーをつくってみよう!


つくる責任つかう責任_d0389370_23430818.jpg


つくる責任つかう責任_d0389370_23431603.jpg


まずはけがき作業。


つくる責任つかう責任_d0389370_23432108.jpg


つくる責任つかう責任_d0389370_23432483.jpg


開口部の板金。
ばり辺で怪我をしないよう細心の注意を払いながら作業を進める。


つくる責任つかう責任_d0389370_23433546.jpg


ロストルは100円ショップで調達。


つくる責任つかう責任_d0389370_23433101.jpg


つくる責任つかう責任_d0389370_23432736.jpg


完成。

Reduce:こめ油容器の廃棄を削減!
Reuse: 賞味期限切れの食材を燻製して可食化!
Recycle:演習林の倒木を利用して燻蒸!

今夏はこれでキャンプ(BBQ)三昧だ。



by noritoyuka | 2019-05-17 00:41 | 日々の生活 | Trackback | Comments(0)