人気ブログランキング |

カテゴリ:食べ歩き生活( 40 )


「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_00120911.jpg


ポリティカルな理由により惜しむらくもその実現が見送られることとなったロトンダ計画。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_00151395.jpg


「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_00151938.jpg


その計画の中心にあったアテモヤの栽培は,CMPの表舞台から消え去ったあとも一部の関係者の手で秘密裏に続けられていた。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_00152315.jpg


「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_01120056.jpg


「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_01120368.jpg


今回,とあるルートを通じて闇マーケットから件のプロジェクトで栽培されたアテモヤを入手することができた。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_01104102.jpg


手にしたアテモヤを口にするためには充分な追熟が重要な工程であるらしい。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_01410933.jpg


マニュアルに従い,全体が釈迦頭のような黒いテクスチャーを纏うようになるまで常温で保存する。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_02320307.jpg


充分な追熟を経ていよいよ実食。



「善悪の知恵の木」の果実_d0389370_02320788.jpg


甘露にしてジューシー!
まさしく「森のアイスクリーム」だ。

こういった魅力的な果実を誰もが気軽に口にできるよう,一日も早い開かれた流通チャンネルが実現することを祈念しつつ禁断の果実を口にしたスプーンを皿に置いた。



by noritoyuka | 2019-12-22 07:00 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

対極にあるもの


奈良県桜井市(三輪地区)が誇る超極細そうめん『白髪』。
その直径は驚きの 0.3mm。

三重県には,そういった極細麺の向こうを張るような極太ヌードルが存在しているという。

さっそくその地へ向けて出発する。


対極にあるもの_d0389370_23281743.jpg


いざ,道場破りのために暖簾をくぐる。
剣を交えておしむを知るのである。


対極にあるもの_d0389370_23520792.jpg


対極にあるもの_d0389370_23282778.jpg


対極にあるもの_d0389370_23305635.jpg


先鋒「伊勢の黒ビール」
なかなか美味い。


対極にあるもの_d0389370_23310457.jpg


中堅(アテ)は「さめたれ」
こちらもなかなかの歯応えがある。


対極にあるもの_d0389370_23311498.jpg


いよいよ大将の登場「伊勢うどん」

黒い。
そして太い。


対極にあるもの_d0389370_23311821.jpg


脇にはあられ,二刀流か…。


対極にあるもの_d0389370_23312272.jpg


機先を制したつもりがスルリとかわされる。

え? やわらかい…。

見た目に反して(三輪そうめんのコシとは対極の)とてもフラジャイルな食感だ。
柔で剛を制する戦術なのか。

しばしの太刀打ちの後に剣を収める。

今回の交剣は,当地における流派の系譜を知るよい機会となった。


対極にあるもの_d0389370_23312632.jpg


退場する際に,この道場の看板(ミシュランプレートの盾)が目に入った。


対極にあるもの_d0389370_00421973.jpg


いつの日にかまた剣を交えることがあるもしれないとの思いを残しつつ,夕闇の迫った道場をあとにした。




by noritoyuka | 2019-12-17 00:55 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)



職場のご意見番が事務室に食パンを買ってきてくれた。

焼きたてでホカホカとしたそれは地元の『○1○ベーカリー』が展開する食パンの高級ラインであるらしい。

さっそく職場の皆でいただくと,高級と称されるだけあってなるほどおいしい。
きめの細かいしっとりとした生地に甘めの芳香が漂ってくる。

よし,この食パンをウチに買って帰ろう!


パンがなければブリオッシュを_d0389370_23355573.jpg



確実に手にするためには予約が必要であるとのことであったが,ちょうどキャンセルが出たところだったので何とか1斤を手にすることができた。

ウチに帰り,喜び勇んでYUKA氏に報告。


パンがなければブリオッシュを_d0389370_23395109.jpg


「そういえば以前の勤務地でも『新○製パン所』に並んでパンを買い求めたな。」

YUKA氏はいたって冷静だ。
こちとらそんなことはすっかり忘れていたところだよ。


パンがなければブリオッシュを_d0389370_23360277.jpg



パンがなければブリオッシュを_d0389370_23360525.jpg


ウチに帰って食べてもやっぱりうまい。

でも,普段使いだったらこのお店の「あんパン」には敵わないかなぁ。



パンがなければブリオッシュを_d0389370_00104178.jpg



パンがなければブリオッシュを_d0389370_00104014.jpg



パンがなければブリオッシュを_d0389370_00104113.jpg


by noritoyuka | 2019-04-24 02:14 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

ほほえみ


暖かくなってきたので久しぶりに遠乗りへ出てみたい。
行き先は北の大地,北海道。

そういえば,『北海道』の名付け親である松浦武四郎は隣町である松阪市の出身なんだとか。
それも昨年が生誕200年のアニバーサリーイヤー。

記念館を訪れ,「旅の巨人」と称された氏の功績にあやかって道中の無事を祈願してみるか。

ツーリングといえば,その目的の一つには「地のものを食す」といった愉しみもある。
北海道といえば「札幌らーめん」か?
札幌らーめんといえば『す○れ』が有名だ!

噂に聞いたところによると,わが町にも『○み○』の屋号を冠した味噌らーめんの銘店があるらしい。
これは行ってみなければ。


ほほえみ_d0389370_12352220.jpg


店の前には結構な人だかり。
が,店員のキビキビとしたオペレーションによってストレスなく店内に案内される。


ほほえみ_d0389370_12352341.jpg


ほどなくして目の前に味噌らーめんが供される。


ほほえみ_d0389370_12352298.jpg


ほほえみ_d0389370_12352275.jpg


中太の縮れ麺と相まった有機栽培野菜がとてもおいしい。
もちろんまろやかな味噌スープも絶品だ。


ほほえみ_d0389370_12352276.jpg


なるほど人気店だけのことはある。

ちなみに,この店は彼の有名味噌らーめん店とは資本関係を含めた一切の関係がないらしい(「純連系」ではなく「ペリカン系」なんだとか)。

屋号も「smile」の日本語読みらしいしね。

そういえば職場の大先生も「『ど○○子』のらーめんが一番美味い」といっていたな。
やっぱりペリカン系は偉大だったというはなし。



by noritoyuka | 2019-04-15 00:00 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(2)

ぬれ手で粟


YUKA氏は少ないおこづかいをなんとか増やそうと勝馬投票券の研究に熱心だ。
ぬれ手で粟をつかむ様なことができるのか?

でも,粟は泡になってしまうこともあるのよね。
いや,むしろ泡になることの方が多いよね。

今のところ投票の結果が水泡に帰すような傾向はないようだけれど。

よし,今日は験を担いで泡をやっつけに(喰いに)行くとしよう!


ぬれ手で粟_d0389370_00113471.jpg


やって来たのは職場の近くにあるらーめん店。
麺は「つるつるストレート」と「もちもち手もみ」から選べるらしい。


ぬれ手で粟_d0389370_00103946.jpg


鶏とほたて ~柚子エスプーマ~


ぬれ手で粟_d0389370_00104008.jpg


鶏ととまと ~大葉ジュノベーゼ~


ぬれ手で粟_d0389370_00104003.jpg


どちらも手もみ麺をチョイス。
もちもちした麺に鶏白湯の濃厚なスープとアワアワなエスプーマが絡まってとても美味しい!
ローストポーク?も絶品だ。


よし,首尾良くアワはやっつけた。

YUKA氏よ,これからは心おきなくお馬さんで粟をつかみ取ってくれ!




by noritoyuka | 2019-04-14 00:14 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

サイトシーイング


かつては日の丸を背負ってインバウンドを厳しく審査していたYUKA氏であるが,今は県知事から交付されたパスポートを手にして自らが域内の旅行を愉しんでいる。


サイトシーイング_d0389370_00431912.jpg


今日はそんなYUKA氏のスタンプラリー,もとい査証申請出張にお供することにした。
本日の出張先は東紀州。


サイトシーイング_d0389370_00451522.jpg


往路に立ち寄った売店でYUKA氏お気に入り「ソフトクリーム」の原料を発見。
さっそく購入,そして試飲。
やっぱり美味い。


サイトシーイング_d0389370_00492286.jpg


先を急ぐ。


サイトシーイング_d0389370_00492704.jpg


サイトシーイング_d0389370_00493566.jpg


が,「マンボウの串焼き」と「さんま寿司」に目をとられてまたもや小休憩。
マンボウってこんなにも美味しかったのね。


サイトシーイング_d0389370_00500654.jpg


ようやく領事館に到着。
ほどなくしてスタンプの押印,もとい査証の発行が完了した。

領事館に温泉が湧いているというので入浴してみることに。
意外にも良泉であったので(失礼),時間があればもっと長いこと浸かっていたかった。

あとは海鮮丼を食して帰るのみ。
先を急ごう。


サイトシーイング_d0389370_00500922.jpg


途中に魅力的な店構えのギョーザ店を発見!
これは寄っていかなければ。


サイトシーイング_d0389370_00501897.jpg


サイトシーイング_d0389370_00501451.jpg


旨い「エビの唐揚げ」と「焼き餃子」が供された。
良い店を発見したよ。

いかん。

海鮮丼の店は閉まってしまわないか?
先を急がねば!


サイトシーイング_d0389370_00502201.jpg


やっとのことでお目当ての店に到着。
さっそく意中のどんぶりをオーダー。


サイトシーイング_d0389370_00502548.jpg


まずは『ヅケどーん』!


サイトシーイング_d0389370_00502840.jpg


続いて『カミサキどーん』!


サイトシーイング_d0389370_00503462.jpg


サイトシーイング_d0389370_00503153.jpg


サイトシーイング_d0389370_00503855.jpg


思わずカメラでお鉢廻りをしてしまうほどに魅力的なビジュアル。
口にすると当然のことながら美味い!

カバン持ちでもYUKA氏に付いてきてよかったよ。
また次回の出張にも連れてきてくださいね。


by noritoyuka | 2019-03-10 01:49 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

ごっつぁんです


我が生まれ故郷は「餃子の消費量」が日本で1・2を争うほどに多いらしい(総務省の家計調査)。

いま住む「日本一短い名前の町」も餃子のブランド化では負けていない。
なんでも,学校給食で提供されていたという大きな揚げ餃子が美味しいらしい。

これは食してみなければ。

ということで,この餃子を提供するお店が近所にあったのでさっそく出かけてみた。

ごっつぁんです_d0389370_01375641.jpg

縄の暖簾をくぐると店内には好い匂いが立ちこめている。
勇ましい意匠と相まって期待値もグングンと高まるよ。

ごっつぁんです_d0389370_01375624.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01404867.jpg

いよいよご当地餃子とご対面。
対峙してみると噂どおりのデカさに少しビビったよ。

ごっつぁんです_d0389370_01375797.jpg

カリカリした表皮の熱さに気をつけて頬張るとなるほど旨い。
ちょっとピロシキに似た味か?(←YUKAさんには否定された)

店名を冠した鍋もあたりまえだけどやっぱり美味い。

ごっつぁんです_d0389370_01375757.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01375708.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01375773.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01375885.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01375806.jpg

ごっつぁんです_d0389370_01375887.jpg

ボリュームもあって大満足。

寒い夜にはまた来よう。
その時にはちょっと気になった「カレーちゃんこ」にチャレンジしてみるか。

ごっつぁんです_d0389370_01375602.jpg




by noritoyuka | 2019-02-04 02:10 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

今ひとたびの

ブランド牛。

その方面でよく聞こえた街で向かうのは W金?G銀?
いえいえ,我々が目指すのは絶対的な信頼を寄せるこちらの店舗です。

今ひとたびの_d0389370_01182132.jpg

七輪(カウンター)とガス台(座敷)の選択を迫られた際には迷わず
炭焼き側をチョイス!

今ひとたびの_d0389370_01190033.jpg

美味しいお肉はビールもよく進む。

今ひとたびの_d0389370_01184527.jpg

今ひとたびの_d0389370_01185825.jpg

今ひとたびの_d0389370_01190233.jpg

今ひとたびの_d0389370_01190718.jpg

今ひとたびの_d0389370_01190508.jpg

今ひとたびの_d0389370_01191000.jpg

今ひとたびの_d0389370_01191254.jpg

おなかいっぱいで大満足。
また食べにこられるように明日からの仕事も頑張ろう!

今ひとたびの_d0389370_00542239.jpg





by noritoyuka | 2019-02-01 01:37 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)

ソウルフード?


晩ごはんを求めてお目当てのお店に到着すると,店先には虚しくも「臨時休業」の張り紙が…。

頭を垂れての帰り路,運転する車のフロントガラスには同じ屋号のお店の看板がいくつも映っては流れ去っていく。

「もしやこのお店は地元の人達の行きつけなのか?」

おなかと背中がくっつきそうだったので,とりあえず看板の店に飛び込んだ。

ソウルフード?_d0389370_01365313.jpg

リーズナブルな価格のファミリーレストラン。
夕飯には遅い時間だったけど,店内はたくさんのお客さんで賑わっていた。

ソウルフード?_d0389370_01365862.jpg

ソウルフード?_d0389370_01371556.jpg

ソウルフード?_d0389370_01371975.jpg

ソウルフード?_d0389370_01372318.jpg

目に付いたメニューを適当に頼んでみたけれど,運ばれてきた料理はどれも美味しかった。
ごちそうさまでした。


by noritoyuka | 2019-01-30 00:00 | 食べ歩き生活 | Trackback | Comments(0)